Mac用の多機能アプリ 1PieceにはMacの使い勝手を向上させる様々な機能が含まれています。開いているウインドウの一覧を表示するウインドウリストや、ホットコーナーを利用した操作スペースやウインドウの切り替え、ウインドウの大きさと位置を調整する機能など。
ウインドウリスト ホットキー(⌥ ⇥)*を押すことで、開いているウインドウの一覧からウインドウを切り替えることができます。また、ウインドウを閉じたり、別のスペースに移動させることもできます。

スクリーンショット

デスクトップウインドウ ホットキー(⌥⌘ ⇥)*を押すことで、デスクトップ上のウインドウのサムネールリストからウインドウを切り替えることができます。また、ウインドウの大きさと位置を調整したり、別のディスプレイに移動させることもできます。

スクリーンショット

ウインドウ管理 ホットキーやメニュー、スナップ操作によって、ウインドウの大きさと位置を調整することができます。

スクリーンショット1  2   3   4   5   6 

スナップ操作の動画

ホットコーナー ディスプレイの角をホットコーナーとして使用して、ホットコーナ上でのマウス操作により、様々な機能を実行することができます。

スクリーンショット1  2   3 

マウストリガー ウインドウタイトルバーやタブバーなど特定の場所でのマウス操作により、様々な機能を実行することができます。

スクリーンショット1  2 

直前のウインドウ ホットキー(⌥ スペース)*を押すことで、直前までアクティブだったウインドウに切り替えることができます。

スクリーンショット

お気に入りウインドウ ホットキーを押したりメニューから、予めお気に入りウインドウに設定したウインドウに切り替えることができます。

スクリーンショット

ウインドウを取り出す ホットキー(⌃⌘ M)*を押したりメニューから、しまったウインドウを取り出すことができます。

スクリーンショット

ウインドウを背面に送る ホットキー(⌃⌥ ⇥)*を押すことで、アクティブウインドウを背面に送ったり、デスクトップ上のウインドウを巡回することができます。
フォーカスウインドウ ホットキー(⌥⌘ ←, ⌥⌘ →, ⌥⌘ ↑, ⌥⌘ ↓, ⌥⌘ ↵)*を押すことで、アクティブウインドウの左側、右側、上側、下側や背後にあるウインドウをアクティブにすることができます。

スクリーンショット

マウスカーソルの移動 ホットキー(⌃⌥⌘ M)*を押すことで、マウスカーソルをアクティブウインドウやディスプレイの中央に移動させることができます。
マウスカーソルを隠す ホットキー(⌃⌥⌘ H)*を押すことで、マウスカーソルを隠すことができます。
マウスカーソルのワープ ホットキー(⌃⌥⌘ Space)*を押した後、ショートカットキーを押したりマウスを少しだけ動かすことで、マウスカーソルを特定の場所にワープさせることができます。

スクリーンショット

アプリメニューバー ホットキー(⇧⌘ 1)*を押すことで、アプリメニューバーをコンテキストメニューとして開くことができます。また、お気に入り機能を使えば、素早くメニュー項目やAppleScriptを実行することができます。

スクリーンショット1  2 

アクティブアプリ切り替え アクティブアプリのデスクトップ上のすべてのウインドウをしまうか閉じたときに、アクティブアプリを切り替えます。

スクリーンショット

Dockの表示/非表示 アクティブアプリの切り替え時に、“Dockを自動的に表示/非表示”を自動的にオン/オフします。
ウインドウの調整 アプリをアクティブにしたときに、アプリのウインドウの大きさと位置を自動的に調整します。一定以上の大きさのウインドウを最大化したり、ディスプレイからはみ出ないようにウインドウを移動させたりします。
修飾キー2回押し 修飾キーを2回押して、様々な機能を実行することができます。実行できる機能は、1Piece内の機能や、アプリを起動したりアクティブにする、ファイルやフォルダを開く、AppleScriptやAutomatorワークフローの実行です。

スクリーンショット

ステージマネージャ機能拡張** ホットキー(⌥⌘ A)*を押すことで、中央のステージを切り替えることができます。

スクリーンショット

すべてのアプリを終了 稼働中のすべての(もしくは一部の)アプリを終了させることができます。

スクリーンショット

アプリを再起動 稼働中のアプリを再起動することができます。

スクリーンショット

その他 QuickTime Player機能拡張、スクリーンショット、すべてのアプリを隠す。

* ホットキーは1Piece環境設定で変更できます。

** macOS 13 (Ventura) 以降で利用可能です。